ブッチョンハノク(北村韓屋)

ブッチョン(北村)は朝鮮時代に造成された上流層住居地であり、1920年代まではそれほど大きな変化はなかった。ところが1930年代にソウルの行政境界が拡張され、都市構造も近代的な変化を遂げるようになった。住宅経営会社はブッチョンの大型敷地と林野を買い入れ、そこに中小規模のハノクを集団的に建設した。現在ハノクが密集しているカフェドン(嘉会洞)11・31・33番地、サムチョンドン(三清洞)35番地、ケドン(桂洞)135番地のハノク村はすべてこの時期に形成された。

ブッチョン(北村)の路地

テチョン(母屋の部屋と部屋の間にある広い板の間)にガラスドアを取り付け、軒にトタンのひさしをくっつけて付けるなど、新しい材料を使ったことからいわゆる「改良ハノク」とも呼ばれたブッチョンハノクは、伝統的なハノクが持っている類型的性格を維持しつつ近代的な都市組織に適応して新しい都市住宅の類型として進化した。
ブッチョンでは大量のハノクを建設する必要があったため、木材所から供給される標準化された木材を効率的に使い、全体的に伝統的なハノクの特性を維持しながら次第に都市住宅の類型として定着した。
ブッチョンハノクの特徴は「進化した工法」と「装飾化の傾向」と大きく二つに定義できる。ゆるい勾配の屋根、丸木の桁、キョッチョマ(軒先の垂木の上にさらに短い垂木を重ね合わせた軒)、狭い柱間に多くの間数など、伝統的なハノクと比べると品格が十分であるとはいえないが、ハノクの美が凝縮している。 当時のハノク分譲広告にも見られるように、ブッチョンハノクは密度及び匿名性が要求される都市住宅の条件を反映しつつ、当時の新しい都市住宅の類型として定着し、今日に至っている。